シネマトゥデイ

蜷川幸雄シアター2/身毒丸 ファイナル (2018)

2018年4月14日公開 90分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

見どころ

世界のニナガワとして国際的な評価を得た蜷川幸雄が1995年から演出を務めてきた寺山修司、岸田理生作「身毒丸」の2002年版。母を売る店に並べられていた女性と、他界した実の母親を思う青年の物語が展開する。1997年のロンドン公演や日本公演に続いて、『DEATH NOTE デスノート』『カイジ』シリーズなどの藤原竜也、『海猫』などの白石加代子が出演。

あらすじ

亡くなった母親への思いを抱え生きている青年、身毒丸(藤原竜也)は、母を売るという店に並んでいた女・撫子(白石加代子)と出会う。彼らは互いを激しく憎み合うが、その憎しみはいつしか愛情に変わり、互いを求め合うようになる。

[PR]

キャスト

スタッフ

演出

映画詳細データ

製作国
日本
協力
  • ニナガワカンパニー
  • 公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団
配給・提供
  • ホリプロ
配給
  • 東急レクリエーション
カラー
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]