シネマトゥデイ

縄文にハマる人々 (2018)

2018年7月7日公開 103分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

見どころ

『死なない子供、荒川修作』などの山岡信貴が監督を務め、今もなおベールに包まれた縄文時代をテーマにしたドキュメンタリー。およそ1万年続き、土器が作られた時代の魅力に取りつかれた人々を通して、その神秘に迫る。ナレーションを音楽ユニット「水曜日のカンパネラ」のコムアイが担当し、作家のいとうせいこうらが出演。

あらすじ

旧石器時代が終わって到来した縄文時代は、約1万年以上も続いた。不思議な形をした土偶や縄文土器が作られた時代でもあり、そういった造形物が無数に残されているが、その正体はほとんどが謎のままだ。そんな時代のとりこになった識者や専門家の考察を基に、縄文時代のミステリーをひもとく。

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
制作・配給
  • リタピクチャル
DCP/カラー
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]