小学生には助言・指導が必要

アマンダと僕 (2018)

2019年6月22日公開 107分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
アマンダと僕
(C) 2018 NORD-OUEST FILMS - ARTE FRANCE CINEMA

見どころ

第31回東京国際映画祭の東京グランプリと最優秀脚本賞を受賞したドラマ。主人公が姉の死によって人生を狂わされながらも、残されためいを世話しながら自らを取り戻す。監督は、プロデューサーとしても活動してきたミカエル・アース。『ヒポクラテス』などのヴァンサン・ラコスト、『グッバイ・ゴダール!』などのステイシー・マーティンらが出演する。

あらすじ

ダヴィッド(ヴァンサン・ラコスト)は、レナ(ステイシー・マーティン)という恋人ができ、穏やかな毎日を過ごしていた。ある日、姉が事件に巻き込まれ、亡くなってしまう。ダヴィッドは残された7歳のめい、アマンダ(イゾール・ミュルトリエ)の世話をすることになる。悲しみの中、困惑するダヴィッドと母の死を受け入れられないアマンダの共同生活が始まる。

映画短評

★★★★★ ★★★★★
4

2

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
AMANDA
製作国
フランス
配給
  • ビターズ・エンド
カラー/ビスタサイズ
(シネスイッチ銀座、YEBISU GARDEN CINEMAほか)
リンク
公式サイト

前売券特典

オリジナルステッカー
オリジナルステッカー

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]