世界でいちばん悲しいオーディション (2018)

2019年1月11日公開 98分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

見どころ

BiSHやBiSの所属事務所「WACK」主催のオーディションに密着したドキュメンタリーの第3弾。アイドルを目指す少女たちが長崎県の壱岐島で行われたオーディションに参加し、過酷な試練に立ち向かう姿を追う。監督を『遭難フリーター』などの岩淵弘樹が務める。オーディションには、BiSHのモモコグミカンパニー、BiSのパン・ルナリーフィとペリ・ウブ、GANG PARADE のキャン・GP・マイカも参加した。

あらすじ

BiSHやBiSなどの個性的なグループが所属する音楽事務所「WACK」が行う合宿形式の合同オーディションに、アイドルを目指す24人の少女が参加する。長崎県の壱岐島で6泊7日の日程で行われ、歌、ダンス、マラソン、人生ゲームなどに加え、普段の礼儀も審査の対象とされる。24時間生配信されている中、アイドルになりたい一心で過酷な試練にチャレンジする少女たちの姿をカメラが捉える。

映画短評

★★★★★ ★★★★★
3.5

2

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • 松竹メディア事業部
ビスタサイズ/カラー
(テアトル新宿ほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]