ブラインドスポッティング (2018)

2019年8月30日公開 95分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ブラインドスポッティング
(C) 2018 OAKLAND MOVING PICTURES LLC ALL RIGHTS RESERVED

見どころ

人種の違いや貧富の差が生むトラブルを描く人間ドラマ。オークランドを舞台に、保護観察下にある黒人青年と彼の長年の友人である白人青年の真の友情が試される。青年たちを演じるのは、実生活でも友人同士であるダヴィード・ディグスとラファエル・カザルで、本作の脚本も担当した。監督は本作が長編初監督作のカルロス・ロペス・エストラーダ。

あらすじ

オークランドに住む黒人青年のコリン(ダヴィード・ディグス)は、残り3日間となった保護観察期間を無事に過ごす必要があった。彼と、幼なじみでトラブルメーカーの白人青年マイルズ(ラファエル・カザル)は一緒に引っ越しの仕事をしていた。あるときコリンは家に帰る途中、車の前に飛び出した黒人男性が白人警官に背後から撃たれる場面に出くわす。

映画短評

★★★★★ ★★★★★
5

1

[PR]

映画詳細データ

英題
BLINDSPOTTING
製作国
アメリカ
配給
  • REGENTS
(新宿武蔵野館、渋谷シネクイントほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]