ADVERTISEMENT

『君の名は。』ハリウッド実写版、新監督が決定

ディズニー映画の監督が就任!
ディズニー映画の監督が就任! - (c) 2016「君の名は。」製作委員会

 アニメーション映画『君の名は。』(2016)のハリウッド実写版を手がける新監督が、ディズニーアニメーション映画『ラーヤと龍の王国』のカルロス・ロペス・エストラーダに決定した。Varietyが独占で報じた。

ハリウッド実写版はどうなる!?『君の名は。』フォトギャラリー

 新海誠監督の大ヒットアニメーションを、日本の東宝、米パラマウント・ピクチャーズ、『スター・ウォーズ』シリーズを手掛けたJ・J・エイブラムスの制作会社バッド・ロボットによって実写化する本作。当初、監督には『アメイジング・スパイダーマン』のマーク・ウェブが就任していたが、2019年に離脱。後任監督として『ミナリ』のリー・アイザック・チョンが起用されたものの、2021年に降板しており、その後音沙汰がなかった。

ADVERTISEMENT

 ミュージックビデオ制作で経験を積んだカルロス監督は、2018年公開の映画『ブラインドスポッティング』で長編デビュー。マーベルドラマ「レギオン」のエピソード監督を務めるなど、期待の新鋭として注目されている。同サイトによると、カルロス監督は、エリック・ハイセラーが執筆した脚本のリライトも行うという。

 なおカルロス監督は現在、ディズニー映画『ロビン・フッド』の実写映画化も進めている。(編集部・倉本拓弥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ADVERTISEMENT

おすすめ映画

ADVERTISEMENT

人気の記事

ADVERTISEMENT

おすすめ動画

ADVERTISEMENT

最新の映画短評

ADVERTISEMENT