れいこいるか (2019)

2020年8月8日公開 100分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
れいこいるか
(C) 国映株式会社

見どころ

『たまもの』や『UNDERWATER LOVE -おんなの河童-』などのいまおかしんじ監督が、阪神・淡路大震災で娘を亡くした夫婦の23年に及ぶ葛藤を描くドラマ。1995年の震災により最愛の娘を亡くした夫婦が、時間をかけて娘の死を受け入れていく。夫婦を『東京アディオス』などの河屋秀俊と女優の武田暁が演じ、豊田博臣、美村多栄、時光陸などが共演する。兵庫県神戸市の長田や三宮で撮影が行われた。

あらすじ

1995年、兵庫県神戸市。阪神・淡路大震災で一人娘のれいこを失った伊智子(武田暁)と太助(河屋秀俊)は離婚し、それぞれが少しずつ娘の死を受け入れていった。2018年になり、久しぶりに再会した二人は、れいことの思い出の場所である水族館を訪れる。

関連記事

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
製作
  • 朝日映劇
制作
  • 国映
配給
  • ブロードウェイ
技術
カラー/DCP / 5.1ch
(新宿K’s cinema、大阪・シネヌーヴォ、神戸・元町映画館ほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]