ADVERTISEMENT

草なぎ剛&小松菜奈が主演賞!作品賞は『本気のしるし』【第30回日本映画プロフェッショナル大賞】

『ミッドナイトスワン』の草なぎ剛
『ミッドナイトスワン』の草なぎ剛 - (C) 2020 Midnight Swan Film Partners

 第30回日本映画プロフェッショナル大賞が17日に発表され、作品賞に『本気のしるし 《劇場版》』、主演女優賞に『さくら』『』の小松菜奈、主演男優賞に『ミッドナイトスワン』の草なぎ剛(「なぎ」は弓へんに前の旧字体、その下に刀が正式表記)が選ばれた。

【ほか写真】『ミッドナイトスワン』の草なぎ剛

作品賞に輝いた『本気のしるし 《劇場版》』 - (C) 星里もちる・小学館/メ~テレ

 今回で30回を数える同賞は、既成の映画賞とは一線を画しつつ、高い評価を得た作品や個人を中心に、選考委員の投票と実行委員会の独自の判断で決定するもの。選考委員は毎年、監督、プロデューサー、脚本家といった映画の製作現場に関わる人たちから宣伝関係者、興行関係者、映画評論家、編集者まで映画界で活躍している人々で構成されている。

ADVERTISEMENT
主演女優賞に輝いた小松菜奈 『さくら』より - (C) 西加奈子/小学館 (C) 2020「さくら」製作委員会

 第30回(2020年)日本映画プロフェッショナル大賞の個人賞と、ベストテンは以下の通り。(清水一)

2020年個人賞

作品賞:『本気のしるし 《劇場版》』
主演女優賞:小松菜奈(『さくら』『糸』)
主演男優賞:草なぎ剛(『ミッドナイトスワン』)
監督賞:城定秀夫(『アルプススタンドのはしの方』)
新人監督賞:HIKARI(『37セカンズ』)
特別賞:豊島圭介(『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』を監督)
特別賞:大島新(『なぜ君は総理大臣になれないのか』を監督)
特別功労賞:桂千穂(脚本家としての長年の功績、日プロ大賞選考委員としての功労に対して)
特別功労賞:成田尚哉(プロデューサーとしての長年の功績、日プロ大賞選考委員としての功労に対して)

2020年ベストテン

1位:『本気のしるし 《劇場版》』
2位:『37セカンズ』
3位:『アルプススタンドのはしの方』
4位:『アンダードッグ』
5位:『ミッドナイトスワン』
6位:『風の電話
7位:『海辺の映画館-キネマの玉手箱
8位:『れいこいるか
9位:『喜劇 愛妻物語
10位:『さくら』
10位:『のぼる小寺さん

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT