かそけきサンカヨウ

2021年10月15日公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
かそけきサンカヨウ
(C) 2020 映画「かそけきサンカヨウ」製作委員会

見どころ

『ふがいない僕は空を見た』の原作などで知られる窪美澄の短編集「水やりはいつも深夜だけど」所収の一編を、『街の上で』などの今泉力哉監督が映画化。父親の再婚に戸惑う女子高生が、家族について悩みながら成長していく。『愛がなんだ』で今泉監督と組んだ澤井香織が共同で脚本を担当。主人公を『ひかりのたび』などの志田彩良、彼女を見守る父親を『こはく』などの井浦新、主人公の同級生を『ホリミヤ』シリーズなどの鈴鹿央士が演じるほか、菊池亜希子、梅沢昌代、西田尚美、石田ひかりらが出演する。

あらすじ

女子高生の国木田陽(志田彩良)は、幼いころに母の佐千代(石田ひかり)が家を出て以来、父の直(井浦新)と二人で暮らしていた。しかし父の再婚によって平穏な日常は一変し、新しい母・美子(菊池亜希子)とその連れ子で4歳のひなたとの新たな暮らしが始まる。そんな家庭環境への戸惑いを、陽は自分と同じく家族に悩む同級生の清原陸(鈴鹿央士)に明かす。一方で実の母への思いを抑えられなくなった陽は、陸と共に画家である佐千代の個展を訪ねることにする。

関連記事

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • イオンエンターテイメント
技術
カラー
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]