ADVERTISEMENT

よだかの片想い (2021)

2022年9月16日公開 100分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
よだかの片想い
(C) 島本理生/集英社 (C) 2021映画「よだかの片想い」製作委員会

見どころ

『ナラタージュ』の原作などで知られる直木賞作家・島本理生の恋愛小説を映画化。顔のあざにコンプレックスを抱く女性が、恋をきっかけに自身と向き合う。不器用ながらも懸命に生きるヒロインたちを描く映画プロジェクトの一作で、監督を『Dressing Up ドレッシングアップ』などの安川有果、脚本を『アルプススタンドのはしの方』などの城定秀夫が担当。主人公を『幕が下りたら会いましょう』などの松井玲奈、彼女が思いを寄せる映画監督を『グッド・ストライプス』などの中島歩が演じる。

あらすじ

前田アイコ(松井玲奈)は幼いころから顔のあざをからかわれ、恋や遊びから距離を置き大学の研究一筋の生活を送っていた。あるとき取材を受けたルポルタージュ本の映画化が決まり、監督の飛坂逢太(中島歩)と出会ったアイコは彼に恋をする。仕事最優先で女性に不自由しないタイプの逢太との関係に戸惑いつつも、彼への思いは募り、彼女は自らのコンプレックスと正面から向き合っていく。

映画短評

★★★★★ ★★★★★
4

2

関連記事

もっと見る »

ADVERTISEMENT

キャスト

スタッフ

原作
監督
脚本

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • ラビットハウス
技術
カラー
(新宿武蔵野館ほか)
リンク
公式サイト

おすすめの映画

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ADVERTISEMENT

人気の記事

ADVERTISEMENT

おすすめ動画

ADVERTISEMENT

最新の映画短評

ADVERTISEMENT