ADVERTISEMENT

どうしようもない僕のちっぽけな世界は、 (2019)

2022年6月25日公開 87分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

見どころ

劇団オーストラ・マコンドーを主宰する演出家・倉本朋幸がメガホンを取ったヒューマンドラマ。虐待を疑われたことで娘を養護施設に保護され、後に再び娘と暮らし始めた夫婦の葛藤を描く。主人公を『HOMESICK』などの郭智博、娘をドラマ「リバース」などの古田結凪、母親を『ホームレスが中学生』などの和希沙也が演じるほか、冨手麻妙、美保純、カトウシンスケ、渡辺真起子らが共演。第32回東京国際映画祭「日本映画スプラッシュ」部門に出品された。

あらすじ

定職に就かず実家に金を借りている男(郭智博)と、母親としての責任を果たさず身勝手な暮らしを続ける妻・かな(和希沙也)。夫婦の娘・ひいろ(古田結凪)は虐待被害を疑われ、養護施設で保護されていた。ある日児童相談所からの提案で、ひいろは条件付きで自宅へ戻ることになる。再び娘と暮らし始めた男は父親としての責任を認識するが、その一方で無自覚に娘を無視したり放置したりしてしまう。男は「取り返しのつかない虐待を自分が起こすかもしれない」という不安にさいなまれる。

ADVERTISEMENT

キャスト

スタッフ

監督・脚本
プロデューサー
撮影
照明
録音
助監督
アシスタントプロデューサー
衣装
メイク
スチール
編集
リレコーディングミキサー
サウンドエディター
エンディング曲

映画詳細データ

製作国
日本
企画・製作
  • TOM company
配給
  • Nabura
技術
カラー/1:1.85 / DCP / 5.1ch
(ユーロスペースほか)
リンク
公式サイト

おすすめの映画

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ADVERTISEMENT

人気の記事

ADVERTISEMENT

おすすめ動画

ADVERTISEMENT

最新の映画短評

ADVERTISEMENT