K・ウィリアムソン、「ドーソンズ・クリーク」の最終話を担当

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 6シーズンにわたって放送されてきたアメリカの人気青春ドラマ「ドーソンズ・クリーク」が5月の2時間スペシャルで幕を閉じる。その最終話を、番組のクリエイターであり、『スクリーム』などの脚本家でもあるケヴィン・ウィリアムソンが担当することになった。主演のジェームズ・ヴァン・ダー・ビークとケイティ・ホームズが、新作映画を撮影中のウィリアムソンの元へ出向き、最後は生みの親に担当して欲しいと直談判した。二つ返事でOKしたウィリアムソンによると、最終話では数年後のジョーイやドーソンが出てくる設定になっているという。ゲイで知られるウィリアムソンは、2時間スペシャル担当のギャラをゲイ=レズビアン=ストレート教育ネットワークに寄付する。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]