M・トランティニャン、フランスで死去

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 恋人による暴行の末、脳死状態と診断されたマリー・トランティニャンが母国のフランスで脳水腫のため亡くなった。41歳だった。トランティニャンの母は医師の反対を押し切って娘をリトアニアからフランスに連れて帰国。2度の手術を行ったあとは人工呼吸器につながれた状態だった。現在、恋人のベルトラン・カンタは暴行容疑でリトアニアで拘置されているが、フランスでは過失致死容疑で起訴される予定だという。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]