マリア・ベロ、ヴィゴ・モーテンセンと共演へ?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 デヴィッド・クローネンバーグ監督、ヴィゴ・モーテンセン主演の新作『ア・ヒストリー・オブ・ヴァイオレンス』(原題)で、『ペイバック』『コヨーテ・アグリー』のマリア・ベロが出演交渉に入っている。この作品は、ジョン・ワグナーとヴィンス・ロックの小説「ヴァイオレンス」を元にした作品で、モーテンセンは、自衛のために人を殺してしまい、世間に注目を浴びる父親を演じる。出演が決まれば、ベロはモーテンセンの妻を演じる予定。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]