マーティン・ローレンスのヒット作、続編の監督が決定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
大抜擢のジョン・ホワイトセル監督

 マーティン・ローレンスが2000年に主演したコメディ、『ビッグ・ママス・ハウス』の続編で、『スポット』のジョン・ホワイトセルが監督を務めることになった。前作でも脚本を担当したドン・ライマーが再びペンを執り、マーティン・ローレンスは、FBIエージェント、マルコム・ターナー役を再演する予定。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]