ジェシカ・ラングとマリア・ベロ、共演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ジェシカ・ラング

 ジェシカ・ラングと『シークレット・ウインドウ』のマリア・ベロが、インディペンデント映画『アフターショック』(原題)で共演することが決まった。同作は8歳の時にアル中の母親に捨てられて、それがトラウマになっている女性脚本家を主人公にした物語で、『13デイズ』のルシンダ・ジェニーと『ヴィレッジ』のチェリー・ジョーンズも出演する。監督と脚本はアン・メレディスがあたり、撮影は11月末からニューヨークで行われる予定だ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]