ニコール・キッドマン、伝説の写真家に扮する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
いつもは写真を撮られる側のニコール・キッドマン

 ニコール・キッドマンが、新作映画『ファー』(原題)で実在した写真家ダイアン・アーバスに扮することが決まった。同作は、パトリシア・ボズワースの伝記小説「炎のごとく―写真家ダイアン・アーバス」を基に映画化され、現代写真においてポートレート写真の意味を変革し、1971年に自殺したアーバスの半生を描いていく物語となる。ロバート・ダウニーJr.も共演し、監督は『セクレタリー』のスティーヴン・シャインバーグがあたり、脚本はエリン・クレシダ・ウィルソンが手掛け、撮影は5月からニューヨークで開始される予定だ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]