小倉優子ハリウッドにアピール!リドリー・スコットとツーショット

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
リドリー・スコットと小倉優子のツーショット

 3月7日、5月に公開される歴史超大作『キングダム・オブ・ヘブン』のプロモーションで監督のリドリー・スコットが来日した。花束贈呈のため、小倉優子が本作の設定である12世紀の妃の姿で現れると会場の記者らはその愛らしさに釘付けになる。そして、小倉優子とリドリー・スコットという通常あまり想定しにくい貴重なツーショットにカメラのフラッシュの量も割り増しぎみに。

 最近は、歴史ものがブームだが、そのすべてが成功したとは言い難い。それでもあえて本作を製作したことについて「歴史というものは何度も繰り返すものです。そして、事実は小説よりも奇なりという言葉のとおり非常に興味深い題材がいくつもあるのです」と歴史の面白さについてリドリーは語る。「私は十字軍のこと、175年間の出来事に思いを馳せ、騎士を題材にした映画を作ろうと思ったのです」と本作を作ることになったきっかけについて明かした。

 また、4月に来日が予定されているオーランド・ブルームのキャスティングについては「ブラック・ホーク・ダウン」での仕事の時から彼の知的さや情熱の持ち方、また非常に繊細な部分に感心していた。「キングダム・オブ・ヘブン」のプロジェクトが立ち上がってすぐ彼の名前は上がったし、人気も出てきたというのも一つの決め手になった」とオーランドの起用について率直な意見を述べた。

『キングダム・オブ・ヘブン』は5月14日より全国ロードショー。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]