クエンティン・タランティーノが、『13日の金曜日』最新作を監督?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
バイオレンス映画が得意なクエンティン・タランティーノ監督

 『キル・ビル』のクエンティン・タランティーノが、大ヒットホラーシリーズ『13日の金曜日』の最新作『ジ・アルティミット・ジェイソン・ボーヒーズ』(原題)でメガホンを取るかもしれない。『13日の金曜日』はこれまでにシリーズ10作品が製作されていて、2003年には『エルム街の悪夢』のフレディ・クルーガーとジェイソンが共演する映画『フレディ vs ジェイソン』が製作されヒットした。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]