ジェーン・フォンダ、自伝で過去の傷を暴露

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
2度のアカデミー主演女優賞に輝いているジェーン・フォンダ

 ジェーン・フォンダが、4月にアメリカで発売される自伝の中で、元夫である映画監督、ロジェ・ヴァディムとの夫婦生活で「3Pを求められた」と告白した。フォンダは、「私にとって、ロジェ・ヴァディムとの生活は、ベッドにもう一人別の女性を連れてくるということだった」と記述。ヴァディムは、フランスのデートクラブに赤毛の娼婦を注文したり、フォンダがオスカーを獲得した1971年の『コールガール』のように、娼婦役を演じるよう求めたそう。「とてもショックなことだけど、なんとか自分を説得して、心を殺すことになっても、自分がそれをやりたいんだと思い込んだわ」と告白した。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]