デンゼル・ワシントン、スパイク・リーと再びコンビを組む

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『マルコムX』でアカデミー主演男優賞に初ノミネートされたデンゼル・ワシントン

 『モ’・ベター・ブルース』『マルコムX』『ラストゲーム』でコンビを組んだデンゼル・ワシントンスパイク・リー監督が次回作で再び手を組むことが明らかにされた。タイトルは『インサイド・マン』(原題)で、物語は主人公のタフな刑事が銀行強盗犯の計画を失敗させようとする内容で、撮影はワシントンが出演しているブロードウェイの舞台「ジュリアス・シーザー」の上演が終わった後に開始される予定だそうだ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]