グウィネス・パルトロウ、映画版『プルーフ』(原題)には父の影響

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
グウィネス・パルトロウ

 舞台版「プルーフ」から映画版へと出演を続けるグウィネス・パルトロウが、映画版『プルーフ』(原題)の演技には、父であるブルース・パルトロウの死が深く影響していると語った。この物語は、死にゆく父親を看病する娘を描いている。パルトロウは、「ステージでの演技と映画での演技の違いは、ステージの時はまだ私の父が生きていた、ということ。死が現実になるまで、それが本当にどんなものかわからないわ。映画の撮影中に一周忌を迎えたから、私にとってとても生々しい作品になった」と語った。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]