浅野忠信の初挑戦は「誰にでも起こりうる役」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
本作で新境地を開いた小池徹平と台本を読んで泣いたという浅野忠信

 10月に公開される『誰がために』の完成披露試写会が開かれ、舞台あいさつに浅野忠信、エリカ、池脇千鶴、小池徹平らが登壇した。

 『誰がために』は愛する妻の命を、少年の手によって奪われた男の苦悩と葛藤のドラマ。少年犯罪をテーマに人間の本質を問いかける。愛する妻の命を奪われた男を演じた浅野忠信は「台本を読んで涙が出ました。この役をやらせていただきたいと強く思いました。僕は意外に今回のような『誰にでも起こりうる役』をやったことはありませんでした」と特に思い入れの深い役だったことを語った。

 一方、笑顔が似合う小池徹平は、少年犯罪の当事者という難しい役どころ。「監督から『笑わない普通の小池くんで』と言われ、自分の暗い部分を出すという新しいことに挑戦しました」といままでとまったく違う小池徹平を演じたことをアピールしていた。

『誰がために』は10月中旬、渋谷・シアターイメージフォーラムにて公開。
『誰がために』公式サイト:pal-ep.com

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]