『ブルース・オールマイティ』の続編が始動

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
8月に行われた「ティーン・チョイス・アワード」で大暴れするジム・キャリー - John Shearer / WireImage.com / MediaVast Japan

 ジム・キャリーが主演を務めた2003年のヒット作、『ブルース・オールマイティ』に、続編が作られることになった。この続編には、キャリーも相手役のジェニファー・アニストンも出演を断っており、キャリーのライバル、エヴァン・バクスター役を演じて印象を残した、スティーブン・カレルの出演話が持ち上がっている。カレルは現在、『ザ・フォーティ・イヤー・オールド・ヴァージン』(原題)が初登場第一位を記録するヒットとなり、製作側は「エヴァン・オールマイティ」としてこの役に焦点を当てたストーリーに仕立てることを検討している。神様を演じたモーガン・フリーマンは交渉中で、カレルの出演が決まれば製作は来年にも開始される予定。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]