ジョニデ感激! 六本木の夜を彩るジャパン・プレミア!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
子どもに優しい視線を向けるジョニー・デップ - Jun Sato/WireImage.com / MediaVast Japan

 『チャーリーとチョコレート工場』のジャパン・プレミアが、9月5日、六本木ヒルズアリーナで行われ、主演のジョニー・デップティム・バートン監督、製作のリチャード・D・ザナック氏と、音楽を担当したダニー・エルフマン氏が舞台あいさつを行った。

 この日は台風も近づく雨天だったが、一番乗りのファンは、プレミアの開始時間が午後7時にもかかわらず、なんと早朝4時半から待機していたらしい。

 会場には、ジョニーが演じたウィリー・ウォンカのチョコレート工場をイメージし、緑のカーペットが敷き詰められていた。けやき坂で車を降りたジョニーは、茶色のスーツに帽子姿。ファンの大歓声の中、カーペット上をゆっくりと進みながら、サインや握手のサービスを振りまいた。スターに会えた喜びで泣き出してしまうファンもいるほどで、この歓迎ぶりにジョニーも「すごく感激しているよ。こんな歓待は初めてだ!」と喜びをあらわにした。
到着時の空港では足早に通り過ぎるジョニーを前に寂しい思いをしたファンも、このイベントでは大満足だったようだ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]