ロバート・アルトマン監督、ロンドンの劇場で監督デビュー

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
5度もアカデミー賞監督賞にノニネートされた経験があるロバート・アルトマン - Thomas Concordia / WireImage.com / MediaVast Japan

 名監督、ロバート・アルトマンが、ロンドンのオールド・ヴィック劇場で舞台監督を務めることになった。演目はアーサー・ミラー作の「復活のブルース」で、2006年の2月から4月に上演される。アルトマン監督はミラーと友人関係で、昨年12月ごろからコラボレーションの話が出ていたが、ミラーは今年2月に他界。ミラーはお気に入りのオールド・ヴィック劇場で上演されることを喜んでいたそう。この劇場の芸術監督を務めているケヴィン・スペイシーは、現在トレヴァー・ナン監督の「リチャード二世」に出演中だが、アルトマン作品ではステージに上がらないよう。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]