ジェット・リー、再婚で愛の意味に気付く

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
いつまでも少年のように若々しいジェット・リー - Jean Baptiste Lacroix / WireImage.com / MediaVast Japan

 ジェット・リーが、2度の結婚を通じて「愛とは何かわかった」と語っている。リーは、1987年に2歳年上の女性と結婚したが、90年に離婚。この結婚について、「彼女とデートを始めたころ、僕の家族は貧しくて、彼女の家族は裕福だった。それで、彼女はよく僕の世話を焼いてくれた。それが始まりだったんだ。僕は愛とは何かわかっていなかった」とコメント。「お互いに捧げた感情という点で、彼女は多分、90%か80%くらい気持ちをつぎ込んでくれていたと思う。僕はせいぜい…どれくらい気持ちがあったか、今もわからない」と語った。離婚後、リーは、『ドラゴンファイト』で共演したニナ・リーと1999年に再婚した。「彼女のためなら、名声も成功も、地位もお金もあきらめられる。彼女のためなら、喜んで死ねるくらいだ。それが愛だと気付いたよ」と語っている。[11月28日 香港]

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]