『ブロークバック・マウンテン』、日本の年齢制限に監督バンザイ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
アカデミー賞については「気にしないようにしている」と言うアン・リー監督

今年のアカデミー賞最有力候補と言われる話題作『ブロークバック・マウンテン』の来日記者会見が開かれ、先日同作で第63回ゴールデン・グローブ賞最優秀監督賞を受賞したアン・リー監督が登壇した。

本作は男同士の友情を超えた愛情が描かれており、劇中にきわどい性描写登場することから、全米ではR指定(17歳以下は観賞不可)扱いとなった。そのことに監督は納得いかない様子だったが、日本ではPG-12(12歳未満の観賞は成人保護者の同伴が必要)だと知ると「ワンダフォー!」とうなずきながら喜んでいた。

問題のラブシーンについては「あのシーンはリハーサルなしの本番勝負で撮ったんだ」とリアルさを追求してエピソードを披露。そして最後に「この映画をゲイ映画としてだけ見て欲しくない。純粋な愛の物語なんだ」と強調した。

『ブロークバック・マウンテン』は3月4日よりシネマライズにて独占先行公開。3月18日より全国拡大公開。
『ブロークバック・マウンテン』wisepolicy.com

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]