モーガン・フリーマン、デューク・エリントンに扮する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
モーガン・フリーマン

 モーガン・フリーマンが、ニューライン・シネマの新作映画『ザ・ジャズ・アンバサダーズ』(原題)でアメリカ最高峰の音楽家といわれるデューク・エリントンに扮することが決まった。映画では生涯3000曲以上の作品を手掛けたエリントンの活躍を描くほか、1963年にエリントン・オーケストラがイラクでツアーを行った様子も描かれる。『キング・アーサー』のアントワン・フークア監督がメガホンを取り、ジェレミー・ドナーが脚本を手掛ける。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]