ブルース・ウィリスにコロンビア大使が怒りのコメント

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ブルース・ウィリス

 新作『16ブロックス』(原題)のプロモーションで、ブルース・ウィリスが、記者会見中「アメリカはコロンビアへ出向き、どんなことをしてもコカイン貿易を止めるべきだ」とコメントしたことに対し、駐米コロンビア大使が厳しい批判をした。アンドレス・パストラナ駐米コロンビア大使は、「コカイン貿易の利益を上げているのは、特にアメリカとヨーロッパでの膨大なドラッグ需要が原因」と反論。パストラナ大使は2000年に設立された反ドラッグ運動の会長でもあるが、「コロンビアほど、ドラッグ売買を抑えようとして多くの犠牲を出している国はない。毎年、数千人もの市民が反ドラッグ運動の結果命を落としている」と語り、ウィリスに対し、「コロンビアに来れば、4400万人ものコロンビア人が反ドラッグ運動のために戦っている姿を目撃するはずだ」と強い怒りのコメントを出した。ウィリスの発言に対しては、コロンビアのアルバロ・ウリベ大統領も、「コロンビアの尊厳に大きなショックを与えた」と語っている。[3月13日 ボゴタ]

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]