エド・ハリス、ベン・アフレックの監督デビュー作品へ出演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
エド・ハリス - Amy Graves / WireImage.com / MediaVast Japan

 エド・ハリスが、ベン・アフレックの監督デビュー作品『ゴーン、ベイビー、ゴーン』(原題)へ出演することが決まった。同作は、『ミスティック・リバー』の原作者デニス・ルヘインの小説「愛しき者はすべて去りゆく」を映画化するもので、私立探偵のパトリックとアンジーが国中の注目を浴びている4歳の少女の誘拐事件の依頼を受けて捜索していくハードボイルド・ミステリーだ。アフレックの弟であるケイシー・アフレックがパトリックにふんし、『Mr.&Mrs. スミス』のミシェル・モナハンがアンジー役を演じ、ハリスは少女の事件を担当する刑事役にふんする。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]