“セカチュウ”に迫る大ヒットの予感?号泣映画『タイヨウのうた』

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「感動満開」の文字をバックに、観客と一緒になって初日を祝う(写真左から)通山愛里、塚本高史、YUI、小泉徳宏監督、麻木久仁子

 『タイヨウのうた』が17日に初日を迎え、上映後には観客にひまわりが配られた。会場中が声をそろえて主題歌のサビの部分を「oh Good-bye days いま~」と歌ったのを合図に、小泉徳宏監督、YUI塚本高史麻木久仁子通山愛里が舞台に登壇した。

世界の中心で、愛をさけぶ』『いま、会いにゆきます』に続く“泣ける純愛映画”として、かなり前評判がいいことを受け、ヒロインの恋人役を演じた塚本高史は「最初はこんなにいい映画になるとは思っていませんでした」と正直な思いを告白。苦笑いする監督を見ながら「心に響くいい映画です」と監督の長編映画デビュー作を絶賛した。

主演のYUIが歌う主題歌「Good-bye days」は、6月14日に発売され、オリコンの売り上げランキングでは初登場3位という好スタートを切った。舞台あいさつに参加した観客の内、3分の2がすでにシングルCDを購入しており、その事実を知ったYUIは「すごいですね……」と驚きを隠せない様子だった。

『タイヨウのうた』は6月17日より絶賛公開中。
『タイヨウのうた』オフィシャルサイトtaiyonouta.jp

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]