スーザン・サランドン、メキシコの子供たちに教育を

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
スーザン・サランドンと娘のエヴァ・アムッリ - Dimitrios Kambouris / WireImage.com / MediaVast Japan

 政治活動に精力的に参加しているスーザン・サランドンが、アメリカとの国境近くにあるメキシコの町、ティファナのスラム街で小学校を訪問し、教育の大切さを力説した。この学校は、ニューヨークのボランティア教育者、デヴィッド・リンチ氏が設立したもので、リンチ氏は長年、ゴミ捨て場から資材を集めて生活する子供たちのため、学校作りの運動を続けてきた。サランドンは、リンチ氏の活動を援助しており、アメリカが国境を越え、メキシコで学校設立のための援助をするべき、とコメント。「この学校は、自分の命さえコントロールできない人々に、再び生を取り戻すための役に立つはず」と語った。[6月22日 ティファナ]

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]