スパイク・リー監督、カトリーナ被害についてのドキュメンタリーを制作

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
スパイク・リー - Gary Gershoff / WireImage.com / MediaVast Japan

 スパイク・リー監督が、多大な被害をもたらしたハリケーン「カトリーナ」についてのドキュメンタリー作品を制作し、8月にテレビ放映される。ニューオーリンズをハリケーンが襲った当時、ヴェネチア国際映画祭に出席するためイタリアに居たリー監督は、「非常に悲しいことだった。アメリカ史に残る出来事だと思ったし、そのために何かをしたいと思った」とコメント。町の復興や、被害にあった人々の生の心情を映し出した4時間のドキュメンタリー「フェン・ザ・レヴィーズ・ブローク:ア・レクイエム・イン・フォー・アクツ』(原題)として、8月21日と22日にHBOで放映されることになった。リー監督は、「火山の噴火やハリケーン、竜巻や洪水など、災害はニューオーリンズだけに起こるんじゃない。どこにいても同じことが起こりうると意識することが重要だ」と語っている。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]