オリヴァー・ストーン監督、戦争賛美のハリウッド映画を批判

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
オリヴァー・ストーン監督

 ヴェネチア国際映画祭で、新作『ワールド・トレード・センター』の記者会見に臨んだオリヴァー・ストーン監督が、現在のハリウッドは戦争を賛美している、とコメントした。ベトナム戦争体験者として、『プラトーン』や『7月4日に生まれて』などの問題作を発表してきたストーン監督は、90年代後半以降の映画業界はアメリカの戦争思考を助長している、と批判。「『パール・ハーバー』や『ブラック・ホーク・ダウン』などは、戦争の仕組みを賛美した映画。アメリカはあまりにも簡単に、戦争という考え方に立ち戻ってしまった」と語った。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]