スカーレット・ヨハンソン、スコットランド女王にふんする

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
スカーレット・ヨハンソン - Kevin Mazur / WireImage.com / MediaVast Japan

 新作映画『ジ・アザー・ブーリン・ガール』(原題)でメアリー・ブーリン役にふんすることが決まっているスカーレット・ヨハンソンが、今度は『メアリー、クイーン・オブ・スコッツ』(原題)でスコットランド女王を演じることが決まった。ヨハンソンがふんするのは、1542年から1567年の間に即位したスコットランド女王メアリー・ステュアートで、映画はイングランド女王エリザベス1世との関係を描く物語になる。脚本は『がんばれ、リアム』のジミー・マクガヴァーンが手掛け、ヨハンソンの母親でありマネージャでもあるメラニー・ヨハンソンがプロデューサーとして名を連ねる。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]