アレック・ボールドウィン、収録後のナレーションを撤回要求

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
アレック・ボールドウィン - Mark Von Holden / WireImage.com / MediaVast Japan

 アレック・ボールドウィンが、カリフォルニア州知事、アーノルド・シュワルツェネッガーの政治参入について取り上げたドキュメンタリー『ラニング・ウィズ・アーノルド』(原題)でナレーションを務めたが、後になってこのナレーションをはずすよう要求した。ボールドウィンは、自分のナレーションが、ナチスの政治集会のシーンに使われていることを知り、弁護士を通じて停止命令を要求。「シュワルツェネッガーの私的行動や政治活動を強調するためかもしれないが、彼はもっとフェアに取り上げられるべきだし、ナチスの集会シーンはやりすぎだ」と語っている。一方、このドキュメンタリーのプロデューサーは、ボールドウィンには内容を事前に見る時間が十分にあり、またこの映画はシュワルツェネッガーを糾弾するものではない、と反論している。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]