ジョエリー・リチャードソン、病気の娘の看病のためにレギュラー降板

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ジョエリー・リチャードソン - Tim Whitby / WireImage.com / MediaVast Japan

 「nip/tuck マイアミ整形外科医」でジュリア・マクナマラを演じているジョエリー・リチャードソンが番組のレギュラーを降板することになった。リチャードソンには、1歳の時に循環器系統の病気と診断された娘のデイジーがおり、現在15歳になる彼女の病状が悪くなったため、手術や入院などに付き添ってあげたいことが降板理由だという。「仕事は大好きだけど、あの子のそばにいてあげなければ絶対に後悔すると思ったの。辞めることにはもちろん不安があるわ」とコメント。リチャードソンは世紀の大女優と呼ばれているヴァネッサ・レッドグレーヴの末娘で、ナターシャ・リチャードソンの妹。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]