スパイク・リー、ロス暴動を題材にした映画を監督

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
スパイク・リー - Steve Granitz / WireImage.com / MediaVast Japan

 『マルコムX』や『ジャングル・フィーバー』など人種問題を鋭くえぐった作品を撮りつづけて来たスパイク・リー監督が、1992年にロサンゼルスで起きた暴動を描く映画を監督することが明らかになった。タイトルは『L.A.ライオッツ』(原題)で、暴動の背景にある人種差別と陪審制の問題などに迫る問題作となりそうだ。脚本は『Uターン』のジョン・リドリーが手掛け、製作は『インサイド・マン』や『ダ・ヴィンチ・コード』のブライアン・グレイザーがあたる。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]