ジェームズ・キャメロン監督、ギリシャ正教会と対立

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ジェームズ・キャメロン - Jean Baptiste Lacroix / WireImage.com / MediaVast Japan

 ジェームズ・キャメロン監督が製作した、イエス・キリストの墓についてのドキュメンタリー番組をめぐり、ギリシャ正教会と火花を散らしている。キャメロン監督はこの番組の中で、エルサレムにある古代の埋葬地で見つかった、2対の墓石がキリストとその妻マグダラのマリアの墓であるとし、その中にはキリストの骨も含まれていたと放映している。この説が証明されれば、ギリシャ正教会側が説くキリストの復活に矛盾し、議論を巻き起こすと予測される。正教会側は、キャメロン監督の番組は歴史に関して無知で、科学的証拠も不足しており、正教会を攻撃するものとして批判している。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]