堀北真希が、暗闇でドキッ! 2000人に見つめられながら、しっとりと初体験

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
“初体験”ながらもどうどうと読みあげ、女優魂を見せつけた堀北真希

 6日、中野サンプラザで、映画『アルゼンチンババア』のプレミア試写会が行われ、主演の役所広司鈴木京香堀北真希長尾直樹監督が登壇。舞台あいさつの前には、劇中挿入歌を手掛ける小松亮太、主題歌を歌うタテタカコによるライブ演奏や、堀北真希の朗読イベントも行われた。

 この日、初めて朗読に挑戦するとあって、少し緊張気味だった堀北。しかし、いざ、スポットライトに照らされると、さすがの女優魂を見せつけ、よしもとばななの原作小説の一部をしっとりとした口調で読み上げていた。また、彼女の朗読に合わせるように、スクリーンには、人気アーティスト、奈良美智のイラストがスライド投影され、作品が持つ幻想的な雰囲気を演出。これから映画を見る2000人の観客を、一足早く、アルゼンチンババア・ワールドへと誘っていた。

 無事に“初体験”を終えた堀北は、「実は、目の前が真っ暗で(観客が)見えなかったので、平気でした」と安堵の表情を浮かべながらコメント。舞台あいさつでは、自分が演じた女子高生、みつこについて「とっても不器用な女の子。ダサい姿もかわいく見せるように演じた」と語っていた。

『アルゼンチンババア』は3月24日より、全国公開
『アルゼンチンババア』オフィシャルサイトhttp://www.arubaba.com/

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]