ミロス・フォアマン、プラハでオペラを監督

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ミロス・フォアマン - Jean Baptiste Lacroix / WireImage.com / MediaVast Japan

 チェコ出身のミロス・フォアマン監督が、75歳にして初めてオペラの舞台を手がけた。フォアマン監督は『カッコーの巣の上で』や『アマデウス』などで知られる名匠だが、会見で「映画作りは、舞台に比べたら簡単なもの」とコメントした。フォアマン監督が挑戦したオペラは、チェコ人によるジャズ・オペラ「ア・ウォーク・ワースホワイル」で、1960年代を舞台にした物語だそう。[4月19日 プラハ]

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]