米ラッパー激怒! 妻パメラ・アンダーソンと元夫のハレンチ映像で離婚!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ワタシ、関係アリマセーン! - (C) 2007Twentieth Century Fox

 ブラット・ピットマドンナなど多くのセレブリティにファンがいる『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』のボラット・サカディエフが、あるセレブに狙われているようだ。

 それは昨年、たった4か月の結婚生活にピリオドを打ったアメリカのハリウッド女優パメラ・アンダーソンと離婚したヒップホップ歌手のキッド・ロック

 アメリカのメディアが報じた内容によると、キッド・ロックとパメラはハリウッドの友人宅で『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』を観ていた。ところが、パメラを“処女”と信じつづけるボラットが、パメラと元夫トミー・リーとのポルノビデオを見たことでパメラが“処女”ではない真実を知ってしまうシーンを観たキッド・ロックは激怒。

[PR]

 知り合い全員がいる前で、パメラにつかみかかったキッドは、そのまま部屋の外に引きずり出すと、大声で「貴様は娼婦以外の何者でもねえ! このアバズレ! なんでこんな映画に出やがった!?」などと怒鳴り散らし、傷ついたパメラは号泣。まわりの人間たちも、このうえなく気まずい沈黙に包まれたという。

 このことが離婚の原因の一つとして報じられたキッド・ロックだったが、『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』が世界中で大ヒットしているなかでの、世間からの評判は、“ボラット”のギャグを理解しているパメラに対して、「心の狭い、ユーモアのセンスもないラッパー」とガタ落ち。嫉妬深く、暴力的な部分を指摘されたキッド・ロックは、出演もしていないのになぜか“ボラット”に痛い目にあったセレブの一人となってしまった。

 『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』は、アメリカのヒットを受け、一時、続編のうわさが流れたが、「“ボラット”だけは許さん!」とキッド・ロックにまで狙われてしまったボラットは「続編の予定はなし!」と断言している。

『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』は、5月26日渋谷よりシネ・アミューズほかにて全国ロードショー。

『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』オフィシャルサイト:borat.jp
ボラット・サカディエフさんのページ:movies.foxjapan.com

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]