ジム・キャリー、実話を基にしたダーク・コメディで主演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ジム・キャリー - Eric Charbonneau / WireImage.com / MediaVast Japan

 ジム・キャリーが、新作映画『アイ・ラブ・ユー・フィリップ・モリス』(原題)で主演を務めることが決まった。同作は、既婚者であるにも関わらず刑務所の同房者に恋をした詐欺師スティーヴン・ラッセルが恋人のために4回も脱獄を企てるダーク・コメディで、実話を基にした物語だ。キャリーが主人公ラッセル役を演じ、『バッドサンタ』の脚本家コンビのグレン・フィカーラジョン・レクアが自らの脚本のもと初メガホンを取る。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]