Gacktの美しさに曲者リュック・ベッソン監督もメロメロ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
悪役に挑戦したGackt。右のキャラクターがマルタザール。

 リュック・ベッソン監督が実写と3Dアニメーションを併用し、新しい映像表現に挑戦したアクション・アドベンチャー『アーサーとミニモイの不思議な国』。本作で主人公の最強の敵になる、悪魔の“マルタザール”の日本語吹き替え版声優に、ミュージシャンのGacktが抜擢された。

 作品に対して完ぺき主義者のベッソン監督は、好き嫌いが激しいことでも有名な“くせ者”監督。そんな監督でさえもGacktの声を聞いた瞬間、即OKを出したというほどGacktはベッソンのお気に入りになったようだ。

 オリジナル版ではカリスマ・ミュージシャンのデヴィッド・ボウイが声優を務めており、そのカリスマ性に匹敵する存在感が必要不可欠だった。ベッソン監督は「彼のカリスマ性、ハスキーな声、そして、美しさのすべてがこのキャラクターにぴったりだ」と大絶賛した。

[PR]

 監督がGacktを気に入った理由はそれだけではない。実際に2人が対面した際、Gacktは流暢(りゅうちょう)なフランス語で話し掛けたという。フランス語を母国語とする監督は、このことで一気にGacktに心を許したようで、すっかり打ち解けた2人は連絡先を交換し合った。監督はGacktの声だけでなく、美しいたたずまいにも興味津々だった。いつの日か、ベッソン監督の実写映画にGacktが出演する日がくるかもしれない。

『アーサーとミニモイの不思議な国』は9月より丸の内プラゼールほかにて公開。
オフィシャルサイト arthur-movie.jp

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]