ケヴィン・スペイシー、映画引退説を否定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
今は舞台が一番大事だけど、映画はやめないよ! - Nick Harvey/WireImage.com

 ロンドンのオールド・ヴィック・シアターで芸術監督を務めているケヴィン・スペイシーが、映画の仕事をやめて舞台に専念する、という噂を否定した。スペイシーはオールド・ヴィックと10年間芸術監督として就任する契約を交わし、現在は2年目になる。スペイシーは「ヴァラエティ」のウェブ版で「(映画を)辞める、という言葉は絶対に出していない。まったくのデタラメだ。優先順位が変わっているだけで、今は舞台が僕の人生で一番大事なものということ。映画は大好きだし、可能なときに続けていくよ」と語った。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]