素っ裸で全身銀色人間がサーフィンに乗ってやって来た!? 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
シルバー王子参上! - (C) 2007 TWENTIETH CENTURY FOX

 アメリカのマーベル・コミックで、「スパイダーマン」と並ぶ人気を誇る、超能力を持った個性的なキャラクターたちの活躍を実写映画化した『ファンタスティック・フォー[超能力ユニット]』。その続編『ファンタスティック・フォー:銀河の危機』に何ともユニークな外見を持った不思議なニューキャラクターが登場する。金属のような物質に覆われた全身はとても不気味で無機質な印象、しかもサーフボードに乗っているのだ。まるで『ターミネーター2』の液体金属の体を持つ男(T-1000)をほうふつとさせるこの不思議なキャラクターが、この夏の大作の主役に選ばれたのはなぜだろう?

 そもそも彼は、実はアメリカン・コミックの人気キャラとしてとても有名な存在。1966年にマーベル・コミックの「ファンタスティック・フォー」でシルバーサーファーという名前でデビューしており『ターミネーター2』(1991年製作)よりもずっと早く生まれている。人気はどんどん上昇して、シルバーサーファーをメインにしたスピンオフのコミックが作られるようになったほど。さらに、あのスパイダーマンと夢の共演を果たすという実績も持っている。またうわさでは、シルバーサーファー主演の映画が製作され、その役の候補として、レオナルド・ディカプリオの名前が挙がったことも……。ともかくシルバーサーファーは、モテモテで知名度も抜群の存在なのだ。

 確かに、まずその風ぼうからしてインパクト大だ。全身はピカピカの銀色に光り輝き、身長は推定193センチとかなり高い。しかも銀色のサーフボードを自由自在に乗りこなし、高速で飛行することができる。今回ひょんなことから地球にやってくるのだが、多くを語らず、その目的も、敵なのか味方なのかも不明なのだ。

[PR]

 一切謎だらけだが、そんな彼をよく観察してみると、スポーツ界に相次いで出現するさわやかな“王子キャラ”と共通項が多いことに気付かされる。“キラキラ感”“口数が少ない”“どこか孤独なところ”などの王子様としての定義が見事にマッチする。実はこのシルバー王子こそ映画界に新たな旋風を巻き起こす可能性を秘めているニューキャラクターなのだ!

 今回『ファンタスティック・フォー:銀河の危機』で満を持して登場する、シルバーサーファー。そしてその声を演じているのが、「マトリックス」シリーズでおなじみの、ローレンス・フィッシュバーン。シルバー王子は、銀河の危機の救世主なのか破壊者なのか、そして日本でも人気者になれるのか!? その王子様ぶりとともに注目だ!

『ファンタスティック・フォー:銀河の危機』は9月21日より日劇ほかにて全国公開。
オフィシャルサイト movies.foxjapan.com

謎の銀色異星人のヒミツを徹底解剖!cinematoday.jp

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]