オリヴァー・ストーン、「ソンミの虐殺」を題材にした映画を監督

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
オリヴァー・ストーン - Han Myung-Gu/WireImage.com

 『プラトーン』でベトナム戦争の悲惨さを描いたオリヴァー・ストーン監督が、ベトナム戦争中に起きた「ソンミの虐殺」を題材にした映画でメガホンを取ることが決まった。作品は『ピンクヴィル』(原題)で、ブルース・ウィリスと『ステップ・アップ』のチャニング・テイタムが主演する。「ソンミの虐殺」は、1968年にアメリカ軍兵士がベトナムのクアンガイ省ソンミ村の民間人を虐殺した事件のことで、ウィリスは事件の捜査を指揮する陸軍将軍役を演じ、テイタムは事件を目撃して虐殺を止めようとするヘリコプターパイロット役を演じる。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]