金獅子見えた? 三池『スキヤキ』にスタンディングオベーション! 伊藤英明はガッズポーズ!

第64回ヴェネチア国際映画祭

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
主演の伊藤英明、ヨーロッパで大人気の三池監督(中央)右桃井かおり

 コンペティション部門出品作の三池崇史監督『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』の公式上映が現地時間6日、メーン会場の「サラ・グランデ」で行われた。

上映終了後には、スタンディングオベーションとなる大盛況。主演の伊藤英明はガッツポーズで観客の声援に応えながら「感動して涙が出そうになった」。三池監督も「夜遅くてあくびをしたから(苦笑)」と弁解しつつ、目を潤ませた。同作品は深夜0時からの上映にもかかわらず、ウワサの和製西部劇の上映に約1000席の会場が満席となる熱狂ぶり。上映中も、クエンティン・タランティーノ監督の役者っぷりに手をたたいて大笑いし、鬼才・三池監督ならではの奇抜なガンアクションシーンの連続に、皆、食い入るようにスクリーンを観入っていた。

 そんな好反応に三池監督を始め、伊藤も桃井かおりも興奮気味。特に、この上映のために、西部劇に合わせたデニム生地のタキシードを特注し、両親を連れてきた伊藤は「良い親孝行ができました。僕を産んでくれて、ありがとう」とまずは両親に感謝。続いて三池監督にも早速、「『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ2』を作りましょう」とか、「次はイタリア語セリフで西部劇を!」と続編を持ちかけていた。コンペティションの発表は、現地時間8日に行われる。

『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』は9月15日より渋谷東急ほか全国にて公開
オフィシャルサイト sonypictures.jp

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]