『めがね』息がピッタリの女性陣に加瀬亮だけズレちゃった?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
プライベートで本当の眼鏡をかけているのはもたいと小林だけだという 左からもたいまさこ、市川実日子、小林聡美、加瀬亮、荻上直子監督

 10日、『めがね』公開記念“たそがれどき”試写会が行なわれ、小林聡美市川実日子加瀬亮もたいまさこ、そして荻上直子監督が舞台あいさつに登場した。

 映画は、1人の女性が南の海辺の町を訪れて、そこでのどかな時間を過ごし、「たそがれる」ことで、魂の自由(のようなもの)取り戻していくというストーリー。司会者からの「普段から皆さん“たそがれる”のは得意ですか」という質問に、主演の小林は「私は得意です。散歩していて雲の形がきれいだったりすると、立ち止まって雲をじっと見たり。そいういう“たそがれどき”は、突然やってくるんです、気が付いたらたそがれていた、というのがツウです」と、たそがれ達人になるコツを教えてくれた。
 
 舞台あいさつでは、全員がポツポツと独特の間(ま)で話をしており、「何をするでもなく、ただたそがれる」という映画と同じような雰囲気をかもし出していた。舞台あいさつ後の囲み取材では、全員でテレビカメラに向かって映画の告知を一言お願いしますと言われたキャストたち。「全員で」と突然お願いされて、ちょっとビックリ、その場でヒソヒソ相談を始めた。そして、小林の掛け声に合わせて、「『めがね』をどうぞご覧ください」とPRしたが、ぶっつけ本番のため全くそろわずにNGが出てしまった。

 そして2回目のテイクでは、小林、もたい、市川の女性キャストの声はそろったが、加瀬だけが出遅れ。小林が声を出さなかった加瀬のほうを見た瞬間、加瀬はあわてて「よろしくお願いします」と付け加えていた。この微妙なズレが、そのまま映画の雰囲気を出して、ほほ笑ましい光景だった。

[PR]

 『めがね』は、昨年大ヒットした『かもめ食堂』のスタッフとキャストが再集合して作り上げた作品。登場人物が全員眼鏡をかけているところからタイトルがついた。謎の女性サクラを演じるもたいが抜群の存在感を発揮している。全編を通じてセリフは少なめだが、荻上監督は「セリフがないところの空気感、たそがれている感じがいいですね」と、その部分を観て、そして感じてほしいと語った。

『めがね』は9月22日より、銀座テアトルシネマほかにて全国公開
オフィシャルサイト:http://www.megane-movie.com/

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]